競技キャラクターフライングディスク

フライングディスク

Flying disc

デモンストレーションスポーツ

フライングディスク

フライングディスク

フライングディスクとは、ディスク(円盤)を用いた競技のことで、希望郷いわて国体では、アルティメットとディスクゴルフの2種目を実施する予定です。
アルティメットは、各7人からなる2チームが100m×37mのコートでディスクをパスによって運び、敵陣エンドゾーン内で味方からのパスをキャッチするとポイントとなります。球技にはないディスクの飛行特性を使い、またスピードや持久力を必要とすることから究極(Ultimate)という名前がつけられました。スピリット・オブ・ザ・ゲームという紳士的な基本理念に基づき、審判を置かず選手同士の判断によるセルフジャッジを採用しているのも特徴といえます。
ディスクゴルフは、個々にディスクを持った、一組3~4人のパーティーが専用のゴールにディスクを入れるまでの投数の少なさを、18ホールの合計スコアで競います。ティースローやアプローチ、パットなどに応じて形状や重さの異なるディスクを、プレーヤーの技術に合わせて選びます。遠投力、ディスクコントロールなど複合的な技術や、パット時の集中力などの精神的強さも必要とされる競技です。
自然環境に親しみながら、グループで楽しくプレーができ、肉体的な消耗も比較的少なく、生涯スポーツ・3世代スポーツとして広く普及しています。

実施競技会場

  • アルティメット/北上総合運動公園第1、2運動場
  • ディスクゴルフ/北上総合運動公園第1運動場、北上翔南高等学校特設コース