競技キャラクターゲートボール

ゲートボール

Gateball

公開競技

ゲートボール

ゲートボール

ゲートボールは青少年の健全育成のため、ヨーロッパの伝統的な競技「クロッケー」をヒントに1947年日本(北海道)で考案されたスポーツで、今では世界30カ国以上で親しまれております。

◎競技方法
 赤(1・3・5・7・9)と白(2・4・6・8・10)のチーム対抗形式で、1チーム5名の競技者により、打順と同じ番号のボールを赤白交互に打ち進めます。

◎勝敗の決定
 3つのゲートを順番に通過したりゴールポールに当てたりする(「上がり」といいます。)ことで得点を獲得し、30分の競技時間のうち、どちらのチームが多く得点したかで勝敗が決まります。

ゲート通過成立=1点  上がり成立=2点

打順や戦況に応じたボールの連携が勝敗を左右する重要な要素となり、チームワークと正確なボールコントロール、冷静な戦況分析が要求される頭脳ゲームです。

実施競技会場

  • 花巻市・日居城野陸上競技場