競技キャラクター体操(競技)

体操

gymnastic

正式競技

体操

体操競技

体操

新体操

■体操競技
体操競技は、男子が、ゆか、あん馬、つり輪、跳馬、平行棒、鉄棒の6種目、女子が、跳馬、段違い平行棒、平均台、ゆかの4種目で行われ、技の難易度・美しさ・雄大さ・安定性などの観点で採点した得点で順位を競います。
得点は、技の難易度など構成内容を評価するスコアと、演技のできばえを評価するスコアの両方を加算して算出されます。したがって、むやみに高難度の技を実施しても、体操競技の本質である美しさや雄大さが伴わない演技に対しては、実施減点が課せられることになり、結果的には高い得点を得られなくなります。選手は、自身の能力に合わせた難度の高い技を、美しく、雄大に実施することが求められます。

■新体操
新体操は、リズミカルな動き、力強さ、スピード、柔軟性、手具の巧みな操作が要求されるスポーツです。
国民体育大会では都道府県対抗で、団体競技と個人競技の得点を合わせて各都道府県の得点とし、順位を競います。
団体競技は、6回以上の手具交換、多彩なフォーメーション、選手同士の協力による連携等が必要です。個人競技では、手具の巧みな操作と手具の特性を生かした演技、徒手要素(ジャンプ・バランス・ピポット・柔軟)が必要となります。
選手の徒手要素の高さを競うだけでなく、手具と身体が一体化した洗練された美しい動きと、華麗でダイナミックな演技や伴奏音楽に溶け込んだ芸術性の高い演技が新体操の魅力です。

実施競技会場

  • 体操競技/盛岡市・盛岡タカヤアリーナ(盛岡市アイスアリーナ)
  • 新体操/北上市・北上総合運動公園北上総合体育館