競技キャラクターインディアカ

インディアカ

Indiaca

デモンストレーションスポーツ

インディアカ

インディアカ

インディアカは羽根の付いたボールを手で打ち合う、バレーボールタイプのスポーツです。
ドイツで考案されたスポーツで、1936年、ブラジルの伝統的なゲーム「ペテカ(Peteca)」がドイツに持ちこまれ、その用具に改良を加えて、考案されたものです。名称は「インディアン」と「ペテカ」の合成語から由来しています。
このスポーツは、「羽根付きボール」という特殊な用具を、1チーム4人で直接手で打ち合います。羽根付きボールは、ゆっくりととばすことも、速いスピードでとばすこともでき、しかも直接手で打つために、よりコントロールし易く、扱いやすいものとなっています。特に羽根によってスピードが緩和されるため、たとえボールに不慣れな初心者であっても、恐怖心を覚えずにプレーに加わることができます。 
このような特徴によって、インディアカは初心者から熟練者まで、年齢性別を問わずにさまざまなレベルの人たちが、それぞれの技術、能力に応じて、遊技的なゲームから高度な競技にいたる多様なゲームを行うことができます。

実施競技会場

  • 平泉町・平泉町立長島体育館