競技キャラクターネオホッケー

ネオホッケー

neohockey

デモンストレーションスポーツ

ネオホッケー

ネオホッケー

ネオホッケーは、1968年、スウェーデンのカール・オーケ・アールクヴィスト氏が考案した、体育館で行うホッケーのような競技で、プラスチック製のスティックとボールを使い、6人のプレーヤーからなる2チームによって対戦し、スティックを使って相手チームのゴールにボールをシュートして得点を競う競技です。
1978年にわが国にニュースポーツとして紹介され、当初は、誰でも手軽に出来るレクリエーションスポーツとして導入されましたが、その普及理念により、運動量・競技性・意外性などの長所が見直され、幼児、児童生徒、若者はもとより、中高年、高齢者まで楽しめるスポーツとして幅広く普及してきました。

実施競技会場

  • 葛巻町・葛巻町社会体育館