競技キャラクターウォークラリー

ウォークラリー

Walk rally

デモンストレーションスポーツ

ウォークラリー

ウォークラリー

勝敗にこだわらず楽しさに重点をおきます。そのため、歩くことを通して健康づくり、地域の風土、自然に触れると言うことを大切にし、グループとのコミュニケーションを図ることを主な目的として行われます。

歩くときは、コース図を使用します。
(1)コース図とは、交差点や分岐点を表したコマ図の連続図です。

(2)グループは課題解決のため相談しながら歩くので、5人くらいが適切です。

(3)時間得点とは、あらかじめ規定時間を設け、その時間ピッタリにゴールすると満点です。規定時間より早くても遅くても得点は低くなります。課題得点は、コース内に設けられたCP(チェックポイント)で出題される課題(クイズ)を解き、レクリエーションでは指示されたゲームに点数がつけられます。課題(クイズ)は、知識がないと解けないようなものはなく、チェックポイントの場所のどこかに正解を見つけることが出来ます。

(4)観察ゾーンは、コマ図のまわりが斜線で囲まれて記され、問題はゴール前に課題が出されます。良く観察しましょう。メモをとっても良いです。

実施競技会場

  • 野田村・村内特設会場