キャラクター:冬:クロスカントリー

クロスカントリー

Cross country

クロスカントリー

コンバインドクロスカントリー

ジャンプ競技とともにノルディック(Nordic)種目と呼ばれ、北欧を中心に発達した競技です。
陸上競技の長距離種目と同様に持久性が要求される種目ですが、スキーとストックを使い滑走することから、スキーテクニックや雪質に合わせたワックスの選択などの技術も大変重要となります。
選手の体力(持久力等)・技術・戦術などの高度な能力が十分に発揮できるように、登り・降り・平地を組み合わせたコースが設定されます。
走法はクラシカル走法(片足踏み付け交互に繰り返し滑走する方法)とフリー走法(スケーティングを含めたあらゆるものの混合走法)とがありますが、国体の 個人種目(成年男子A・成年男子B・少年男子は10km、成年男子C・女子は5km)はクラシカル走法で、リレー競技(成年男子・少年男子は10km×4 名、女子は5km×4名)はフリー走法で行われます。
クロスカントリーの個人競技でのスタートは、ビブナンバー順に15秒間隔で1人ずつスタートし、それぞれのコースを周回してゴール(フィニッシュ)し、そ の所要タイムで順位を競います。したがってゴールした順が順位ではありません。 リレー競技は、各種別とも都道府県の全チームが一斉にスタートし、最終走者のゴール通過順位がそのまま順位となるので大変わかりやすく、また、スタート直 後のトップ争いの光景や、リレーのタッチ(陸上競技のバトンパスにあたるもので、前走者が後走者の体の一部に手でタッチする。)に迫力があります。

実施競技会場

  • 田山クロスカントリーコース