全国障害者スポーツ大会とは

全国障害者スポーツ大会は、障がい者が競技を通してスポーツの楽しさを体験するとともに、国民の障がいに対する理解を深め、障がい者の社会参加の推進に寄与することを目的とした障がい者スポーツの祭典です。
大会は3日間の会期で開催され、全国から都道府県・指定都市の選手団約5,500人が参加し、個人競技6競技、団体競技7競技の13競技及びオープン競技4競技が実施されます。

大会のあゆみ

昭和40年から開催されてきた「全国身体障害者スポーツ大会」と平成4年から開催されてきた「全国知的障害者スポーツ大会」を統合した大会として、平成13年に第1回大会が宮城県で開催されました。以降、オリンピック終了後に開催されるパラリンピックのように、毎年、国民体育大会終了後に開催されています。
平成20年の大分大会からは、精神障がいのある方のバレーボールも正式競技となり、身体・知的・精神の障がいのある方が一体となって行うスポーツの祭典となっています。平成28年度の岩手県での開催が第16回大会となります。

主催者

文部科学省、公益財団法人日本障がい者スポーツ協会、開催地都道府県・指定都市、開催地市町及び関係団体