岩手県立博物館

岩手山を望める丘のミュージアム

文字サイズ

企画展・テーマ展

企画展・テーマ展のご案内

テーマ展 「絵画でたどる 19世紀岩手の風景」

平成29年3月18日(土)~5月7日(日)

川口月村筆 「盛岡停車場」(もりおか歴史文化館所蔵「岩手県鉄道沿線名勝図巻」より)
川口月村筆 「盛岡停車場」(もりおか歴史文化館所蔵「岩手県鉄道沿線名勝図巻」より)

 江戸から明治への転換期となった19世紀は、長く続いた武士の世が終わり、岩手県が誕生し、人々の暮らしが劇的に変化した時代です。西洋の文物が流入し、鉄道が通り、日常の風景も変化しました。
 大政奉還から150年にあたる2017年のテーマ展では、江戸の面影と明治の鼓動を伝える絵画を通して、19世紀の岩手の風景に思いを馳せます。

チラシ(約2 KB)

※PDFファイルをご覧になるには、Adobe Reader(閲覧ソフト)が必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、左のボタンをクリックしてダウンロード(無償)してください。