岩手県立博物館

岩手山を望める丘のミュージアム

文字サイズ

企画展・テーマ展

企画展・テーマ展のご案内

企画展「遮光器土偶の世界」

平成29年6月3日(土)~8月20日(日)

後頭部の磨滅痕から、遮光器土偶の用途を考えます。(岩手町豊岡遺跡出土の大型遮光器土偶)
後頭部の磨滅痕から、遮光器土偶の用途を考えます。(岩手町豊岡遺跡出土の大型遮光器土偶)

岩手県は土偶が日本一多く、遮光器土偶も同様です。工芸技術に優れた亀ヶ岡文化は、全身空洞の遮光器土偶を生み出し、遠く神戸まで真似た土偶が見られるほどの優品です。岩手県特産とも言える遮光器土偶を、伝統や使用痕など様々な角度から検討し、用途解明に迫ります。

展示資料リスト(PDF441kb)はこちらからごらん下さい

展示内容について詳しくはこちらの展覧会案内をごらん下さい。(PDF 2,018KB)

※第5章展示の秋田県麻生遺跡出土の遮光器型土面(国重要文化財)は、6月22日(木)から公開します。

チラシ(PDF4.3Mb)(約5 KB)

※PDFファイルをご覧になるには、Adobe Reader(閲覧ソフト)が必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、左のボタンをクリックしてダウンロード(無償)してください。